トイレ掃除。頑固な水垢をトイレクリーニングで除去。越谷市に訪問!

 埼玉県越谷市

トイレクリーニング施工例

(トイレ、水垢取り)

こんな頑固な水垢は、ご家庭の洗剤では落とせません。お掃除どんちゃんにおまかせ!

Before

越谷市、トイレ掃除、トイレクリーニング、施工例、
トイレ通水口の水アカ汚れ。

After

越谷市、トイレ掃除、トイレクリーニング、施工例、
洗浄後は、キレイに!

トイレ掃除をしても落ちない!便器内の水垢汚れ。

ハウスクリーニング士の夫婦2人がお伺いする「おうちのハウスクリーニング専門店お掃除どんちゃん」です。

「便器内の汚れがトイレ掃除をしても落ちない!」とお客様からヘルプの連絡があり、先日、越谷市「トイレクリーニング」に行ってきました。

お客様宅のトイレを見ると、便器のフチ裏が黒くなっていて、水が流れ始める通水口部分は、茶色い汚れがついていました。

「便器内の茶色っぽい汚れがどうしても落ちない!」いちばん目につくところなので、気になってしょうがないとのことでした。

普段のお手入れ方法を聞いてみると、

「カビかなーと思って、カビキラーを吹き付けてます。」とのこと。

おっと!!!

トイレ掃除でカビキラーなどの「塩素系漂白剤」を使うのはNG!ですよ。

トイレ掃除で、塩素系漂白剤はNGな理由

その理由は・・・

①トイレの汚れには酸性洗剤。塩素系漂白剤では落ちません。

塩素系漂白剤は、モノを白くしたり、カビの除去、殺菌などに有効なのですが、トイレの汚れ除去には不向きなんですよ。

トイレ汚れの最大要因は、「尿」、「水垢」。

この尿汚れや水垢汚れを落とすには酸性洗剤が必要不可欠。

アルカリ性の汚れ(尿、水垢)に対して、酸性の洗剤で汚れを中和させて落としていくというメカニズムですね。

塩素系漂白剤は、アルカリ性の性質をもつ洗剤ですので、いくら頑張っても尿や、水垢汚れは落ちません。

トイレには酸性洗剤!

②酸性洗剤と塩素系洗剤は混ぜるな、危険!

トイレ掃除にかかせないのは、酸性タイプの洗剤!

この酸性洗剤と「相性最悪」なのが塩素系漂白剤。

酸性タイプの洗剤と、塩素系の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するので、絶対に混ぜてはいけません!!!

ボトルには大きく混ぜるな危険!!って貼ってあります。

過去に死亡事故も起きているほど、危険な組み合わせなんです。

混ぜなきゃいいんでしょ。と思うかもしれませんが、日々、忙しく過ごしているとウッカリ忘れたり、

お子様がいたずらしたり、なにがあるかわかりません。

だから、必要のない塩素系漂白剤を危険をおかしてまでトイレ掃除で使う理由はありません。

なので、トイレにカビキラーなどを置くことはやめましょうね。

トイレの黒、茶色の汚れには、酸性洗剤。

黒っぽい汚れ=(イコール)カビと誤解している方、多くいますが、この汚れは「水アカ」です。

「水アカ」とは

水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、ミネラル分が固まったものです。

なので、水が流れる→乾く→成分が残る→水が流れる→乾く→さらに成分が残る。

を繰り返していくうちに、りっぱな水垢が出来上がります。

そして、この水垢は、ほおっておくと石のように固くなり、落ちなくなります。

写真のような状態まで、水垢がシッカリついてしまった時は、お客様ご自身で落としていくのは困難ですので

ハウスクリーニング業者を呼ぶことをオススメしますよ。

水垢がつきやすい地域に住んでいるかたは、普段のお手入れも「酸性洗剤」の使用がおすすめ!

今回のお客様にも普段のお手入れ方法をご案内して、今日のどんちゃんのクリーニングは終了です。

お客さまから、「キレイになって良かった!!」と喜んでいただけました!

トイレ掃除でお悩みのお客さまは、お掃除どんちゃんにおまかせください。

私たち夫婦がプロの技で頑張りますよ!

↓トイレクリーニングをもっと知りたい方↓